Npmパッケージ管理でよく使うコマンド一覧

Ubuntuの中で、

サービスを確認していく中で、

Npmのパッケージ管理をよく使っている。

そんな中で、

パッケージで使っているライブラリのバージョンなど、

現時点の情報を確認する方法など、

自分自身でよく使うけど、よく忘れるのでメモ。

Npm自体のバージョン確認

確認コマンド

npm -v

確認結果の例

$ npm -v
8.0.0

Npmパッケージ管理で導入済みのライブラリのバージョン一覧

実際に導入しているライブラリなどが、

バージョンがどうなっているか、

確認したいことが時々起こるので、

その時の確認方法。

コマンド

npm list

確認結果の例

$ npm list
 :
├── react-dom@17.0.2
├── react-dropzone@11.7.1
├── react-router-dom@6.3.0
├── react-scripts@5.0.0
├── react@17.0.2
├── tailwindcss@3.1.6
└── web-vitals@2.1.4

バージョン指定のライブラリのインストール

ライブラリを導入したいけれど、

他のライブラリやミドルウェアなどとの相性で、

自分でバージョン指定して、

インストールを実施したい時の方法。

コマンド

npm install -y library-name@version

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事