Laravel のORMで結合する際に複数条件を設定する方法

アプリケーションを作成していく中で、

ORMを使用して、

テーブルデータを取得したり、

更新するなどはよく行うこと。

そんなORMの使用に関して、

今回は、

LaravelのORMを使用する際に、

結合条件として、

複数の条件を設定する方法が、

自分の中で書き方をよく忘れるので、

メモとして残しておく。

Laravelのバージョン

実行環境のLaravelのバージョンとしては、

php artisan --version

のコマンドで確認したところ、

Laravel Framework 9.23.0

というバージョン。

MySQLのバージョン

特にORMなので関係ないが、

使用しているデータベースも確認。

mysql -V

で確認すると、

mysql  Ver 8.0.32-0ubuntu0.20.04.2 for Linux on x86_64 ((Ubuntu))

というバージョン。

対応内容

LaravelのORMを使用して、

結合処理を実装すると、

通常では、

DB::table('base_tbl')
->join('join_tbl')
->....

という形で、

シンプルにjoinで実装できる。

今回、やりたかった実装は、

この条件を複数持たせる方法。

その方法は、

DB::table('base_tbl')
->join('join_tbl', function ($join)  {
  $join->on(
    :
  )->on(
    :
  );
}
->....

このように「join」のテーブル条件に、

「function」で関数を与えてあげること。

上記のように実装することで、

複数条件の結合が完了。

忘れた時はここを思い出せば良いので、

リンクをブックマークにメモ。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事