大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Laravelのスケジューラの設定

Laravelを使用していると、

所定の時間に何か処理を行いたい時があります。

そんな時は、Laravelにはスケジューラーの機能があるので、

その機能を使って、処理を行うようにすると便利です。

Laravelのスケジューラの設定

Laravelのバージョン

Laravelのバージョン

$ php artisan --version
Laravel Framework 5.8.36

最新はもう少し、バージョンは上ですが、

基本的なスケジューラの考え方などは同じかと。

公式サイト

まずは、公式サイトを見た方が良いので、

公式サイトのスケジューラのリンク。

設定方法

設定の手順は大きく2つ

cronで、artisanコマンドでスケジューラを1分単位で動かす。

あとは、スケジューラの設定をLaravel内で行う。

この2つを行います。

cronで、artisanコマンドでスケジューラを1分単位で動かす

artisanコマンドとして、スケジューラを動かすには、

php artisan schedule:run 

というコマンドを使います。

そして、このコマンドをcronで1分単位で動かします。

cd 【Laravelフォルダ】 && php artisan schedule:run >> 【Laravelフォルダ】/action.log

これでスケジューラ自体を動かすことができます。

スケジューラの設定をLaravel内で行う

実際の時間毎のスケジュールは、

app/Console/Kernel.php

というファイルで行います。

そのファイルの中で、

    protected function schedule(Schedule $schedule)
    {
         ここに各種のシュケジュールを設定
    }

このscheduleメソッドの中に設定を行います。

まず、シンプルに毎分、動かす場合を例にすると

    protected function schedule(Schedule $schedule)
    {
        $schedule->call(function() {
          ここに実際の処理を記載
        })->everyMinute();
    }

という形で、everyMinuteというメソッドで動かします。

他にも日時指定なども可能なので、

そのあたりの細かな設定方法は、公式サイトを参照してください。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事