大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

UbuntuにElasticsearchをインストール

Ubuntuの確認

Ubuntuのバージョン確認

コマンドラインで確認

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID:	Ubuntu
Description:	Ubuntu 20.04.2 LTS
Release:	20.04

Elasticsearchのインストール

参考にしたサイト

コマンドを以下のサイトで確認

インストール

apt-get コマンドでインストール

wget -qO - https://artifacts.elastic.co/GPG-KEY-elasticsearch | sudo apt-key add -
sudo apt-get install apt-transport-https
echo "deb https://artifacts.elastic.co/packages/7.x/apt stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/elastic-7.x.list
sudo apt-get update && sudo apt-get install elasticsearch

Elasticsearchの動かす方法の種類の確認

「SysV init」か「systemd」なのかで違うようなので、

まずは、以下のコマンドで確認すると良いらしい

ps -p 1

実行すると、

以下のように自分の環境だとsystemdらしい。

$ ps -p 1
PID TTY          TIME CMD
 1 ?        00:10:51 systemd

Elasticsearchの起動

起動

sudo systemctl start elasticsearch.service

停止

sudo systemctl stop elasticsearch.service

Elasticsearchの起動確認

デフォルトで9200ポートを使っているので、

lsofコマンドで確認する。

$ sudo lsof -i:9200
COMMAND    PID          USER   FD   TYPE  DEVICE SIZE/OFF NODE NAME
java    828030 elasticsearch  290u  IPv6 5914830      0t0  TCP ip6-localhost:9200 (LISTEN)
java    828030 elasticsearch  291u  IPv6 5914831      0t0  TCP localhost:9200 (LISTEN)

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事