大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Node.jsのバージョンを変更する方法

Node.jsのバージョンによって、

うまくコンパイルができないなど、

問題が起きることは時々、あります。

そんなときは、

自分が必要なバージョンを把握して、そのバージョンに変更する

という作業が必要です。

この記事では、

Node.jsのバージョンの変更方法を説明します。

Node.jsのバージョンを変更する方法

Nodeのバージョン管理用のnというツール

Nodeのバージョン管理でオススメなのは、

「n」というツールです。

Githubのページで公開もされているので、

以下のGithubのページも参考にしましょう。

ツールをインストールする

ツール自体のインストールは、

npmで簡単にインストールできます。

npm install -g n

現在のバージョンを確認する

インストールが完了したら、

以下のコマンドでバージョン確認を行えます。

n --stable

特定のバージョンに変更する

バージョン確認して、

自分が使いたいバージョンに変更したいときは、

以下のコマンドで変更することができます。

n XX.XX.XX (XXは14.3.2みたいなバージョン)

最新バージョンも確認しておく

バージョンに関しては、

このnというツールは、

公式のGithubページを見てもらうと分かりますが、

最新バージョンを以下のコマンドで確認することができます。

n --latest

最新バージョンにするには?

先ほどの最新バージョンの確認のコマンドを見てもらった方は、

これでいけるのではと考えている方もいるかと思います。

以下のコマンドで最新バージョンに変更できます。

n latest

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事