幼児教育で「手」「目」「耳」で感性を養う大切さ

幼児の時に、無意識に手にしたもの、
そして、それを使って遊んだことなど、

覚えていないけれど、無意識化で幼児時期に育んだこと

ということが存在します。

まだまだ成長期の幼児期に、
身の回りに何があって、どのように遊ぶのか。
これが非常に子供の成長にも重要であるとよく言われます。

幼児期においては、家庭で面倒を見ながら、
興味を持ったもので、遊ばせることが多いです。

そんな中で、

  • 仕掛けのあるような楽しい絵本
  • 色々な形、音などが違うおもちゃ

などが、幼児期に親が子供のために提供できることです。

そんな中で、

子供が興味を持てるものを提供すること

が非常に重要で、難しいというのが、
幼児期の子供を持つ親には非常に多いです。

そのため、より良いものを提供して、
幼児期に子供が興味を持って、

ものに触れて遊ぶことが大切

だと言えます。

難しく考えすぎず、生活の中でちょっとしたことでも、
子供に様々な体験を増やすことができるので、
できることからやってみましょう。

幼児教育で「手」「目」「耳」で感性を養う大切さ

幼児期から小学校に入るくらいまでが、
子供自身の本来持つ、基本的な感覚、感性を養う上で、
非常に重要な時期と言われています。

そんな中で、

「手」を動かして、様々なものに触れること

が、子供の成長にも非常に重要です。

そして、この「様々なもの」という点に関しては、
現代の家の中で同じもの、同じことだけでは、
なかなか、「様々なもの」に触れる機会は少なくなります。

手を使うことは、脳の活性化にも良い作用を及ぼすので、
色々なものを子供には触れさせたいですね。

  • 「やわらかい」もの
  • 「硬いもの」もの
  • 「丸いもの」もの

など、様々な違いを、「手」に触れながら、
子供が感性を養っていけるようにしましょう。

ただ、幼児期に気をつけることとして、

子供が間違って食べちゃいそうな大きさのものはダメ

ということだけ、忘れずに注意しておきましょう。

幼児期に様々なものを「目」を動かすこと自体、
目の周りの筋肉を動かすことで、
目に直接的な作用を及ぼすということは間違いありません。

ただ、「目」を動かすにあたって、

色々なものを見て、空間や色、形の違いを感じる

ということは、
子供にとって、感性などを磨く上でも重要です。

家の中では同じようなものをみることになり、
テレビ自体で様々なものを見るのは良いですが、
あまりモニターを見すぎると視力に影響してしまいます。

そのため、子供に家の中で様々なものを目で違いを感じさせるためには、

家の中に様々なもの、形や色のものを置いて見る

ということがオススメです。

これだけでも、家の中にいながら、
子供は近くのもの、少し離れたものを見て、
「目」をたくさん動かすことになります。

具体的にオススメなのが、

  • やわらかい丸いボール
  • 様々な色のキャラクターぬいぐるみ
  • 椅子や壁に色のある布をかける

など、ちょっとしたことを家の中に工夫するだけでも、
子供が見得る範囲の世界に、たくさんの色、形が溢れ、
家にいながら無意識に「目」をたくさん使うのでオススメです。

幼児の時に、様々なものに触れておくことが、
重要であることはここまで説明してきました。

そんな中で、

「音」を「耳」で聞くこと

さらに言うと、

「耳」で聞いて、音の違い、大きさの違いを感じる

と言うことが非常に子供の成長にも必要です。

音楽だったり、動物の鳴き声だったり、
または、親の話のする声だったり、
いろんな音を子供に聞かせるようにしましょう。

音に関しては、色々なものがありますね。
ちょっとしたことでもいろんな音を子供に聞かせることができます。

例えば、

  • いろんなCDを聞かせる
  • 親が好きな曲を口ずさむ
  • ちょっと声を変えて子供に話しかける

など、親でも、お父さんなのか、お母さんなのか、
小さな声なのか、大きな声なのか、近いのか、遠いのか。

そう言う違いでも、聞こえる音は違うので、
コミュニケーションを取りながらも、
様々な音を聞かせるようにしましょう。

様々なものに触れるために

「手」「目」「耳」を使って、
子供に様々なものに触れさせることが大切だと説明しました。

そんな中で、いつもの生活の中で、
より様々なものに触れさせるためにも、

子供を連れて、公園など外に出ましょう

と言うことをオススメしています。

外には色々なものや音であふれています。

例えば、

  • 公園に咲いている花や植物
  • 近くで通っている電車
  • 空を飛んでいる飛行機

など、外には子供に感じさせるための、
様々なものがあふれています。

一歩でも外に出て、少しでも子供に、
手、目、耳を使ってものを感じる経験をさせましょう。

子供が絵本を読める年齢になったら、
是非、取り入れたいことが1つあります。

それが、

「仕掛け」のある絵本を使うこと

です。
手でつまんで、引っ張ったりなど、
目だけ使うのではなく、手も使うことにもなり、
より多い刺激を与えることができるのでオススメです。

絵本に関しては、世界中の絵本に触れることができるサービスがあり、

  • 年齢にあった厳選された絵本
  • 毎月、家に届けてくれる
  • 楽しい「仕掛け」のある絵本もある

このように年齢に応じた絵本が、
月額1300円程度でレンタルできるので、
非常にオススメです。

子供には手に触れ、目で見て、耳で感じるような教材が、
感性を発達させたり、成長にとって重要です。

そして、教材に関しては、

  • 「楽しい」教材であること
  • 継続的に続けれること
  • 遊ぶだけでなく、発達に良い教材

と言うポイントを押さえて、
教材選びをしていくことが望ましいです。

そんな教材に関して、書店等で選ぶのは困難なため、
有名なところで、1つオススメの通信教材を紹介します。

それが、

ベネッセの「こどもちゃれんじ」

このサービスですが、

このしまじろうのキャラクターを使った教材など、
子供が楽しく学べる教材が揃っているのでオススメです。

この「こどもちゃれんじ」は、
年齢に応じた教材など、オススメのポイントがあり、
こちらの記事に書いているので、気になったら読んでください。

子供のおもちゃは定額制サービス「トイサブ!」がお得で便利

子供が小さい時は、色々なものに興味を持ったり、
おもちゃをおねだりしたり、親としては大変ですよね。

特におもちゃに関しては、

  • すぐに飽きるものがあるので買いたくない
  • 増えすぎて、捨てるに捨てれない
  • 買うのは子供がよく遊ぶものだけが良い

など、親としては、買ってあげたいけれど、
あまり増えすぎるのも困ると思います。

そういう方に、ぜひ、オススメしたいのが、

おもちゃの定額レンタルサービス「トイサブ!」

です。

定額制サービスでレンタルすることで、
色々な良い点があるので、紹介させて頂きます。

子供のおもちゃは定額制サービス「トイサブ!」がお得で便利

子供におもちゃが必要な時期は、

そもそも家事・育児で買いに行く時間が取りにくい

という問題があります。

この点に関しては、

  • わざわざ、買いに行かなくて良い
  • 家まで届けてくれる

という嬉しいサービスなので、
家にいながら、買いに行く必要もないのが非常にオススメです。

トイサブ!のレンタルに関して、
料金体系や基本的レンタルに関しては、

  • 「毎月」でなく、「隔月」で交換
  • 月額3700円程度
  • 6点のおもちゃがレンタル可能

というレンタル料金、レンタル方法になります。

トイサブ!は厳選されたおもちゃをレンタルでき、
以下のような選定基準で厳選されたおもちゃが届きます。

お申込時もしくはご契約中にお知らせいただいたお手持ちのおもちゃと重複しない
前回のおもちゃと重複せず、お客様のご要望がある場合(例:プレイジム希望等)には要望を反映する
以下の年齢別ジャンルに該当するものから6個を選定する
新規購入した場合に合計で定価15,000円相当の玩具が1つのプランに入るよう設計する

トイサブ!のHPより「選定基準」より一部引用

このような「選定基準」が設けられていて、
その基準に満たすおもちゃが届けられます。

レンタルするおもちゃは、「隔月」で交換してくれますが、

子供が気に入ったおもちゃなどは購入も可能

であるという点が非常にオススメのポイントです。

子供が欲しがるおもちゃに関しても、

  • 本当に自分の子供が使うのか
  • 使ったけれど、すぐに飽きないか

など、おもちゃのレンタルサービスだからこそ、
事前に使ってみてから購入することができます。

そのため、

自宅に使わないおもちゃで溢れてしまうことを防ぐ

というメリットがあるので、非常にオススメです。

これまで説明したオススメポイントも含めて、
公式の紹介ムービーがありますので、共有します。

参考:トイサブ!紹介ムービー

他にもたくさん。オススメのサービス

楽しみながら考える力を養う「こどもちゃれんじ」

0歳〜6歳のお子さんに対して、
幼児教育を受けさせていく中で、

  • 子供が楽しく学べること
  • 継続的に一貫した教材であること

ということに関して、非常にオススメの教材が、
ベネッセの「こどもちゃれんじ」です。

この”しまじろう”で馴染みやすい、年齢にあった教材で、
子供が楽しく学ぶ力を養えるので非常にオススメです。

ディズニー英語システム

幼児向けにキャラクターを扱った教材は、
子供に興味を持ってたのしく学習する上で非常に効果的です。

そんな中で、

ディズニー英語システム

というサービスは、ディズニーのキャラクターで、
楽しく英語を学べるのでオススメです。

無料サンプルで、

参考:無料サンプルのイメージ、HPより一部引用

このような可愛いサンプルがもらえるので、
気になったら無料サンプルで試してみましょう。

他のサービスをまとめてチェック

他にも様々なサービスがあり、
この記事では紹介しきれないので、

学ぶパンダの子供の習い事特集

参考:学ぶパンダの子供向け習い事特集のイメージ

このようにサイトでわかりやすく、
見やすくまとめてみましたので、そちらもご覧ください。

幼児教育はベネッセの「こどもちゃれんじ」で楽しむことがオススメの理由

幼児教育に関して、

子供に何か、良い幼児教育を受けさせてあげたい

と考える親は多いです。

そんな中で、0歳〜6歳のお子さんに対して、
幼児教育を受けさせていく中で、

  • 子供が楽しく学べること
  • 継続的に一貫した教材であること

ということを考えて、
子供が楽しみながら、知らず知らずに、
少しずつステップアップできる教材で学ぶことが良いです。

その点、幼児教育における実績や、
具体的な教材を見たときに、

ベネッセの「こどもちゃれんじ」

が非常にオススメなので紹介させて頂きます。

幼児教育はベネッセの「こどもちゃれんじ」で楽しむことがオススメの理由

ベネッセの「こどもちゃれんじ」と聞いて、
世の中の人がイメージすることとして、

この「しまじろう」のイメージを持たれることが多いです。

それも1つの特徴なのですが、
幼児教育の観点での大きな特徴として

楽しむだけでなく「考える力」が身につく

ということが大きな特徴です。

公式:Youtubeのしまじろうチャンネルより引用

このように、子供が楽しみながらも、
自分で考える力を養える教材ばかりなので、非常にオススメです。

幼児教育は、

  • コツコツと継続すること
  • 子供自身が楽しむこと
  • 子供の様々な力を伸ばせること

が重要です。

この中で「子供の様々な力を伸ばせること」に関して、

こどもちゃれんじを運営しているベネッセは、
今までの幼児教育への経験の蓄積も踏まえて、
子供に最適なカリキュラムが用意されています。

具体的には、

参考:こどもちゃれんじのHPより一部引用

このように、子供に養わせたい様々なことを、
カリキュラムとして組み込み、最適な教材を提供してくれます。

この点、書店等で自分で決めてしまうと、
偏った学習になることがあるので、
ベネッセのこどもちゃれんじを使うのは非常にオススメです。

幼児教育で何と言っても、

とにかく、子供が「楽しむ」こと

が非常に大切です。
そして、子供が楽しんでくれると、
親としては、すごく嬉しいですよね。

そんなときに、先ほど、少し出てきた、

この「しまじろう」が子供の興味をそそり、
無意識に楽しんで取り組むことを助けてくれます。

そして、この「しまじろう」に関して、オススメなのが、

「しまじろうチャンネル」も見てみる

ということです。

しまじろうチャンネルは、

  • Youtubeなので観たいときに見れる
  • Youtubeなので費用はかからない
  • 定期的に新しい動画がアップされている

という嬉しいチャンネルなので、
教材だけでは飽きてしまうことも防げるので、
こどもちゃれんじを使う時は、
合わせて観るようにしましょう。

他にもオススメの幼児教育

幼児向けにキャラクターを扱った教材は、
子供に興味を持ってたのしく学習する上で非常に効果的です。

そんな中で、「ディズニー」を扱った、
幼児向けの英語学習サービスが

ディズニー英語システム

というサービスです。

無料サンプルで、

参考:無料サンプルのイメージ、HPより一部引用

このような可愛いサンプルももらえるので、
気になったらチェックしてみてください。

スマイルゼミに関しては、小学生向けが有名で、
幼児向けのサービスを行なっていることを知らない方もいらっしゃいます。

そんな方には、

幼児向けのスマイルゼミ

参考:スマイルゼミのHPより一部引用

も検討することもオススメします。

幼児向けのサービスに関しては、
他の様々サービスを

学ぶパンダの子供の習い事特集

参考:学ぶパンダの子供向け習い事特集のイメージ

として、サイトにわかりやすく、
見やすくまとめていますので、見てください。

子供に習わせたい「英語」。「日本語が先」という先入観を捨てよう

子供に学ばせたいものを考えると、
親としては色々と考えてしまうと思います。

そんな中で、

  • 将来を考えて、子供に学ばせたいこと
  • 子供の頃に学習をした方が良いこと

などを考え、よく挙げられるのが「英語」です。

そんな英語ですが、

日本語を学んでから、英語を学んだ方が良いのか

ということを疑問に思うことが多いかと思いますが、
語学学習においては、

語学の順序は関係なく、子供がより語学に関心を持てるか

ということが重要であると言われています。

この辺りを少しずつ説明して、実際に英語学習のオススメのサービスなども合わせて紹介していきます。

子供に習わせたい「英語」。「日本語が先」という先入観を捨てよう

子供に英語を学ばせるタイミングで、

「日本語が先」であるべきなのか

という点を考えると思いますが、
このサイトでは、

同時に学習しても問題がない

と考えています。

例えば、日本語と英語であれば2ヶ国語ですが、
バイリンガルの子供たちは、複数の語学を覚えます。

そんな子供たちは、

「興味」があり、より使う語学を「意欲的」に使うため

により多く語学を覚え、使えるようになっています。

ですので、日本語と英語においても、
特に順序を意識する必要はないと考えています。

子供の学習や習い事に関しては、

英語に「興味」をもって「意欲的」に学習した子は身に付く

とよく言われます。

この点を考えると、語学においても、

そもそも、子供が「英語」に興味を持てるか

という心配をすべきです。

学習で結果を出すためにも、

  • 英語学習に「興味」を持てる学習方法であること
  • 英語学習を「意欲的」に行える教材があること

という点を意識して、子供の学習環境として、
提供してあげることをまずは考えましょう。

子供には将来のことを考えて、
英語学習をさせておくことは非常に良いことだと思います。

その一方で、日本で生活をしていく中では、
日本語の理解も重要であるのは明確です。

そんな日本語に関して言えることは、

日本語は日常生活でも養うことはできる

ということです。

また、日常生活は家の中だけでなく、
幼稚園・保育園などでも、無自覚に学習しています。

ですので、日本語を疎かにする心配などは無用です。

英語学習を楽しく学習する上で

小さなお子さんに英語を学習させようとする年代で、
もっとも多いのが「幼児」のタイミングです。

先ほど説明した、

語学(英語)に「興味」を持つことが重要

という観点で考えると、

幼児には「絵本」での英語学習が最適

であると言えます。

絵本での学習に関しては、

  • 楽しいから続けられる
  • 気に入った絵本は、何度でも読み返す
  • 絵を見て概要を理解しながら学習できる

など、幼児に興味を持たせ、意欲的に学習させる工夫が、
たくさん詰まっています。

最近では、「ディズニー英語システム」が無料サンプルで、
歌のCDと歌の絵本などもらえるのでオススメです。

こんな感じのものがもらえます。
※無料サンプルの最新は、サイトで確認してください。

参考:ディズニー英語システムより一部引用

子供が英語を興味をもって学んでいく中で、

親と学んだ英語で話してみる

ということが子供の英語学習には重要です。
そこで、ぜひ、オススメしているのが、

親も一緒に英語を学ぶ

ということです。

英語が苦手な方もいらっしゃると思いますが、
子供が習う英語でちょっとしたやりとりをする上で、

  • 子供の教材をそのまま使える
  • 学習するのは子供と同じ
  • わからない言葉は子供と一緒に調べる

このように、あまり身構えず、子供と同じ目線で、
少しずつ一緒に英語を興味を持って学習していきましょう。

英語以外のおすすめの幼児向けサービス

楽しい仕掛けのある絵本を定期的に

子供の中で、幼児の0歳から7歳くらいまでは、

発達段階に応じた絵本を読むこと

が、発育にとって非常に良い影響を及ぼします。

そんな中で、

  • 楽しい仕掛けのある絵本が読める
  • 毎月、届けてくれる
  • 年齢にあった厳選された絵本がある

を満たすサービスが月1300円ほどで試せます。

以下のように1歳〜7歳までのラインナップがあります。

参考:WorldLibrary Personalより一部引用

本屋に行くなど、子供の手がかかる時は大変なので、
そのような方に活用頂ければと思います。

東京都・神奈川県でIT×ものづくりを学ぶなら、年長から高校生まで、最新のテクノロジーで学べる「LITALICOワンダー」はオススメ

子供でもITについて学んでいくことは、これからの社会で生活していく中では、必要になってきます。

そんな中で、みなさんのお子さんが

  • なかなか、コミュニケーションを取るのが苦手
  • 学習をうまく進めれず、不安があるときがある

このような不安な点があるような方であれば、

今回、ご紹介する

「LITALICOワンダー」

は、学習支援・教育支援を行う「LITALICOジュニア」も運営しているので、このような方にも、一度、検討して頂きたいと思います。

この「LITALICOワンダー」は、様々なコースがあり、
楽しく学習できるので、近くに教室があるかなど、
是非、チェックしてくださいね。

「LITALICOワンダー」

想像力を自由に、豊かに育む

お子さんが、IT×ものづくりを学ぶ教室で、プログラミングやロボットなどを学び、将来の役に立てることができます。

また、その学習の中で、最も育んていきたいもの。

それが

物事を幅広く、見て・感じて・考える、「想像力」

です。

自分で考え、試行錯誤を繰り返すことで、このような「想像力」を育むことができ、将来、どのような職種で仕事をしていくことになっても、自らの力で物事を解決していけるような能力を培うことができます。

社会にでるまえに、物事を自分で考え、試行錯誤をして、解決に導いていくことで得られる能力は、一生、役に立つことは間違いありません。

最新のテクノロジーを使った様々なコースを用意

「LITALICOワンダー」では、最新テクノロジーを使った様々なコースを、お子さんの年齢や興味、やりたいことで選ぶことができます。

個人的に特にオススメのコースをご紹介

ゲーム&アプリ プログラミングコース

対象:年長〜高校生

プログラミングと考えた時に、やはり

・ゲーム
・アプリ

が、学習する子供達がイメージしやすく、そして、楽しく学べるものです。

楽しくなければ、学習は継続することができないので、
その点も、この「ゲーム」、「アプリ」であれば、楽しく継続できることは、間違いありません。

現代のお子さんは、小さな頃から、スマートフォンやタブレット、ゲーム機などに触れており、興味も高く、抵抗感も低いため、非常にオススメのコースです。

実際にエンジニアをしている立場から考えると、
「プログラミング」を学ぶことを考えた時に、
処理の流れやプログラミングの作法を学ぶ、このコースは非常にオススメです。

ロボットクリエイトコース

対象:年長〜小学3年生

比較的、小さなお子さんに関しては、ロボットやブロックで遊ぶことが大好きな子が多いと思います。

そんなお子さんには、この「ロボットクリエイトコース」がオススメです。

ロボットテクニカルコース

対象:小学3年生〜高校生

ロボットのプログラミングを行なっていく上では、自分の興味のあることを掘り下げ、高度なプログラム制御を行なっていくことが可能であり、必要となってきます。

ですので、「無限大」にロボットを使って、深く学習を行い、モーターやセンサーの仕組みまで、詳しくなるまで学習を行うことができます。

そのような、深く物事を掘り下げて学習を進めていけるこのコースも、ロボット自体やロボットを制御することに興味がある子供さんには非常にオススメです。

発達障害・ADHD・学習障害のお子様に優しい教育サポート「LITALICOジュニア」も運営しており、学習が苦手なお子さんでも大丈夫!

自らのお子さんが、

  • 発達障害
  • ADHD
  • 学習障害

などのような、個性を持ったお子さんの場合に、どのような学習をさせてあげれば良いかと考えると思います。

この点に関しては、運営しているLITALICOは

「LITALICOジュニア」

という学習支援も「LITALICOワンダー」とは別で行なっており、
それぞれのお子さんに沿ったカリキュラムを組んで、
サポートしてくれるので、こちらもオススメです。

この動画をみて頂くだけでも、LITALICOが運営する

LITALICOワンダーの雰囲気を掴んで頂けると思います。

無料体験で試して確認

無料体験をやっているので、

  • 近くに教室があるのか
  • 実際にどのような教育をしているのか

などを実際に試してみましょう

自宅で楽しくプログラミング学習。小中学生向けの「D-SCHOOL」もオススメ

小・中学生向けのプログラミング学習に関しては、
プログラミングスクールで教室に通う学習が多いですが、

・近くに教室がない
・なかなか時間が取れない

と感じている方もいらっしゃると思います。
そんな方には、是非、

楽しくプログラミングを自宅で学習できる「D-SCHOOL」

をオススメします。

「D-SHOOL」は特徴的なコースがあり、
非常に学習をするお子さんの継続率が高いのが大きな特徴です。

プログラミング学習をする上では、

楽しく学習しながら、継続し続けること

が、非常に大切になっていきます。
また、この年代でプログラミングの基礎を養うことは、
IT社会が進んでいる世の中で、どんな職種の仕事についても、
必須の教養となるでしょう。

その点でも「D-SHOOL」はオススメできますので、
特徴的な点をみていきましょう。

プログラミング学習の高い継続率

自宅で楽しい学習が継続性を高める

お子さんがプログラミング学習を始める時に、
教室へのスクール継続を考える方も多いかと思います。

そんな中で、教室のスクールに通わせるのとは違い、
自宅で楽しく学習できるため、学習の継続率が非常に高いです。

特に

  • わざわざ教室へ通わなくて良い
  • 自宅での空いている時間に学習できる

という点が、「D-SHOOL」が大きく継続率を上げている要因です。

自宅で子供を見守りながら、学習させることができるので、
「自宅で子供を見守りながら、継続学習させたい」
という方にも是非、「D-SHOOL」はオススメです。

費用も比較的リーズナブル

教室への通学費もかからない。

他のプログラミング教室に通うのと比べて、

  • 月額の費用も比較的リーズナブル
  • 教室への通学する時間、費用がかからない

という点が、他のプログラミングスクールに通うよりも、
比較的リーズナブルにプログラミング学習を行える理由です。

特徴的なコースがある

英語とプログラミングを学べるコースも

「D-SHOOL」は非常に特徴的な楽しく学べるコースが揃っていて、
特に特徴的と言えるのが、

マインクラフトを使って、遊びが学びに変えることができますよ。
「子供がマインクラフトで遊んでばかりで困る」
というお子さんでも、それを学習に変えることができるので、
是非、「D-SHOOL」はオススメできるんです。

こちらが、「D-SHOOL」のPR動画です。

こちらの動画でも「D-SHOOL」のコースが一部、紹介されていますが、

  • マイクラッチコース
  • マイクラッチJrコース
  • ロボットプログラミングコース
  • 英語&プログラミングコース

などがあります。
是非、お子さんに合うプログラミングコースを探してください。

マイクラッチコース

みんなが大好きな「マインクラフト」。

このマインクラフトの世界で、大きな建物やアクションゲームをプログラミングして作り、自分だけのダンジョンを作っていきます。

マイクラッチJrコース

小学校低学年向けのコースです。マインクラフトでのプログラミングを通じて、算数や理科の勉強を先取りしながら建物やゲームを作っていきます。

ロボットプログラミングコース

ロボットを自分で組み立てて、そのロボットの動きをプログラミングしていきます。センサーを使うことで自動運転やレースをさせることもできます。

英語&プログラミングコース

かんたんな英語を使って、英語とプログラミングを学びながら毎回楽しいゲームを制作していきます。最後は自分だけのRPGを完成させます

自宅で無料体験ができる

2週間の無料体験があるので、試してみよう

教室に通うプログラミングと違い、
自宅で空いている時間に学習できるのが「D-SHOOL」。

コースによっては2週間の無料体験があるので、
是非、自宅の空いている時間に試してみましょう。

クリック!

小学生にオススメ、パズル×ロボット×プログラミングで楽しく学習「自考力キッズ」「エジソンアカデミー」

このサイトを見て頂いている方の中で、
お子さんにプログラミングを学ばせたい
そのように考えられていらっしゃる方も多いかと思います。

IT化が進んでいるこの世の中、すでにITに関する知識の重要性は
非常に高いものになっています。

このITの知識を育む方法として、
非常に有効な方法がプログラミング学習です。

小学生には、自学でプログラミングを学ぶのは難しく、
最初にサイト等で勉強すると挫折することが多いです。

スポーツでもなんでも、最初に
「楽しいな。面白いな。もっとやりたいな。」
このように思えるかどうかが重要です。

大人になってからは、目的がはっきりしているから、
サイトでの自己学習で問題ないと考えますが、
小学生のお子さんに関しては、意欲を高めることが大事ですので、
プログラミングスクールをオススメしています。

そんな中で、加盟教室数が全国40都道府県約500教くらいあり、
パズル×ロボット×プログラミング 3つとも学習できる
楽しく学習できる「自考力キッズ」を紹介します。

「自考力キッズ」

楽しく学びながら「分でえる」を育める

パズル ・ロボット ・プログラミングを1つの習い事で。

プログラミングだけでなく、ロボットに関しても、既に世の中に普及しており、プログラミングに加えて、
「ロボット」に関する知識、経験が必要になってきます。

そんな中で、今回オススメする、
「自考力キッズ」
は、よく子供向けの能力開発などで、
使用される以下の3つをまとめて学習することができます。

  • パズル
  • ロボット
  • プログラミング

どうですか。
それぞれ、1つずつでも、1つの習い事として、
スクール等が存在しています。

この中でも、特に
ロボット と プログラミング
に関しては、ITの現場でも、一緒に扱われることが多いです。
そして、これからさらにロボットが普及するにつれて、
この2つの必要性は高くなっていくでしょう。

興味がわけば、高学年向け「エジソンアカデミー」へのステップアップも可能。

「自考力キッズ」は小学校低学年向けですが、
小学校高学年向けの「エジソンアカデミー」もあります。

子供が自ら興味が湧いて、意欲的に取り組んでいるようでしたら、
この高学年の「エジソンアカデミー」にも取り組んでみましょう。

子供が「面白い!」と夢中になるはず。体験教室があるから、気軽に参加してみよう

子供が生き生きと、夢中になって「面白い!」と思ってくれると嬉しいですよね。

このようなスクールに通わせるときに
「子供がついていけるのかな」
「子供が続けてやってくれるかな」
という不安があると思いますが、大丈夫です。

子供が楽しみながら、学べるカリキュラムには

英語版のカリキュラムがインタナショナルスクールで採用されている実績

が既にあります。

IT教育は日本は遅れていると言われますが、
既に実績があるという点でも、オススメします

ちなみに、紹介動画も共有しておきますね。

興味を持って頂けたら、
無料の体験教室がありますので、
是非、お子さんが楽しくやっていけそうかを、
実際の教室で、試してみてください。

クリック!

小学生にオススメ。自宅で、レゴブロックで楽しみながら学べる「Z会プログラミング講座」

このサイトを見て頂いている方の中で、
お子さんにプログラミングを学ばせたい
そのように考えられていらっしゃる方も多いかと思います。

IT化が進んでいるこの世の中、すでにITに関する知識の重要性は
非常に高いものになっています。

このITの知識を育む方法として、
非常に有効な方法がプログラミング学習です。

小学生には、自学でプログラミングを学ぶのは難しく、
最初にサイト等で勉強すると挫折することが多いです。

スポーツでもなんでも、最初に
「楽しいな。面白いな。もっとやりたいな。」
このように思えるかどうかが重要です。

大人になってからは、目的がはっきりしているから、
サイトでの自己学習で問題ないと考えますが、
小学生のお子さんに関しては、意欲を高めることが大事ですので、
プログラミングスクールをオススメしています。

この記事では、スクールとは少し違いますが、
レゴブロックを使って楽しみながら、
プログラミング的思考を学べる
「Z会プログラミング講座」
をご紹介します。

小さな頃からお子さんをみられてきて、
・砂遊びがすきだったな
・ブロックの組み立てとか好きだったな
というお子さんでしたら、
実際のプログラミングを行うスクールよりも
ちょっと変わっていますが、
この
レゴブロック
で楽しく学べる「Z会プログラミング講座」をオススメします。

「Z会プログラミング講座」

子供が大好きなレゴブロック。熱中すること間違いなし。

超楽しいレゴブロック学習

レゴブロックはいつの時代も子供が大好き。
そんなレゴブロックを使って、
「楽しいな。もっとこうしたいな。」
と思って子供が自ら、想像し、
問題を解決していくことで、

  • 想像力
  • 論理的思考力
  • 問題解決力

これらを身につけていくことができます。

発想・工夫次第でさまざまな動きの
レゴを作ることができるので、
作れるものは無限大。

想像力を使って楽しみながらプログラミング的思考を学べます。

実際にIT業界の現場でも、

  • 想像力
  • 論理的思考力
  • 問題解決力

この3つは、エンジニアとして必須の能力と言えます。
それを楽しみながら熱中して学べるのは良いですね。

センサー/モーター/iPad/無線などを組み合わせてロボットを動かすことができる

レゴブロックだと簡単なことしかできないと考えてしますかもしれませんが、そんなことはありません。

センサーやモーターなどを取り付けたり、iPadや無線とつないでロボットを動かすことができます。

「Z会プログラミング講座」は

  • 「基礎編」
  • 「発展編」

の2段階の教材があるので、
ステップアップしながら、様々なことに楽しみながらチャレンジしていけます。

レゴブロック使ったプログラミングってどんな感じだろうって思いますよね。

Youtubeに動画があったので、紹介しておきますね

また、短い動画ですが、ゆくゆくはこんなこともできるみたいです。

自宅でできるので、子供と一緒に楽しめる

毎回のテーマに沿ってレゴブロックを使用した教材がご自宅に届くので、子供だけがスクールに通うのとは違い、子供と一緒に楽しみながら学ぶことができます。

子供の成長を促しながら、子供と一緒の時間を使い、良い思い出も合わせて作っていきましょう。

事前に資料請求で、講座内容/費用/必要なものは確認しよう

レゴブロックの他にiPadも必要。iPadは講座受講者は”特別価格”購入もできるので、資料請求して要確認。

「Z会プログラミング講座」では
・レゴブロック
・iPad
を使います。

iPadに関しては、料金のところに書いてあるのですが、”特別価格”で購入できるので、iPadを持っていない方は一緒に購入した方がお得かもしれません。

本講座を受講される方で、iPad端末をお持ちでない方は、Z会が事前に安心・安全設定をおこなったiPadを“特別価格”でご購入いただけます。

Z会プログラミング講座より引用

費用やこの辺りのiPadの購入など、少しわかりにくい部分もありますが、
「Z会プログラミング講座」
自体は非常にオススメできるので、

まずは、資料請求して詳しく内容を確認してもらう方が良いと思います。

その上で、お子さんと相談して、やる気になってもらえそうなら、是非、
「Z会プログラミング講座」
をやってみてください。

クリック!

小学生にオススメできる本格的なプログラミングスクール「Tech Kids School」

このサイトを見て頂いている方の中で、
お子さんにプログラミングを学ばせたい
そのように考えられていらっしゃる方も多いかと思います。

IT化が進んでいるこの世の中、すでにITに関する知識の重要性は
非常に高いものになっています。

このITの知識を育む方法として、
非常に有効な方法がプログラミング学習です。

小学生には、自学でプログラミングを学ぶのは難しく、
最初にサイト等で勉強すると挫折することが多いです。

スポーツでもなんでも、最初に
「楽しいな。面白いな。もっとやりたいな。」
このように思えるかどうかが重要です。

大人になってからは、目的がはっきりしているから、
サイトでの自己学習で問題ないと考えますが、
小学生のお子さんに関しては、意欲を高めることが大事ですので、
プログラミングスクールをオススメしています。

その中でも、
「ただ、プログラミングスクールに通わせれば良い」
と考えるのではなく、
本当の意味で、今後の資産になるように、
お子さんのためを考えると、
IT企業が運営しているプログラミングスクール
をオススメさせて頂こうと思います。

IT企業が運営しているということは、
・プログラミングの本質は何なのかを理解している人
・プログラミングの本当の楽しさを知っている人
がお子さんに楽しく教えてくれるということです。

そんなIT企業が運営している小学生のお子さん向けのプログラミングスクールとして、
「Tech Kids School」
を紹介させて頂きます。
※東京渋谷・秋葉原・二子玉川・大阪梅田・沖縄那覇に教室があります。
※この記事が書いたタイミングの状況です。教室の場所の増減の可能性はあります。

プログラミングスクール「Tech Kids School」

IT企業「サイバーエージェント」が運営

初心者のお子さんでも大丈夫

「初心者のお子さんを通わせようか迷っている」

そのように考える方は多いかと思います。

この通わせるか迷う時に

「自分の子供はプログラミングについていけるだろうか」

という不安が大きいからだと思います。

この点に関して、プログラミングスクールを選ぶ時には、

IT企業が運営していることが大きなメリットだと考えています。

それはなぜか。

IT企業が運営していると、プログラミングに関して、
・お子さんが楽しいと思えるポイント
・お子さんが迷うポイント、解決方法
・お子さんのプログラミングを成長させるサポート
この辺りが、強みになると考えるからです。

ですので、
「お子さんが楽しめるのか、ついていけるのか」
に関しては、心配なくオススメできます。

人に伝える能力を育むことができる

プログラミングスクールの中には、

お子さんにプログラミングを教えるだけ。
そのようなプログラミングのスクールもあります。

「Tech Kids School」はその点、自分のアイデアや成果物を他の人に発表する プレゼンテーションの機会も定期的に設けています。

これがなぜ良いのか。

IT化が進んでいる世の中では、
ただ、言われたことをやるだけでは、価値を生み出せません。

IT業界で働いていると特に感じますが、

  • 自分の考えるアイデア
  • 自分が作った成果物
  • 自分が作った方法
  • 良かった点、今後、もっと改善したい点

このようなことを

「自分の言葉で相手に伝えること」

これが重要です。

他の業界も同じなのかもしれませんが、
IT業界で働いてきている中で、
このようなPDCAを回す能力やプレゼンテーション能力が大きく、
その人の仕事に影響を与えていると感じています。

このような能力は、是非、小さな時から育んであげたいと考えています。
小さなことかもしれませんが、後に仕事を始めた時に生きてくることは間違いありません。

通える範囲であれば、是非、通わせてあげたいと思える内容です。

テクノロジーを1つのきっかけに、お子さんの成長を促す

人それぞれ、個性があると思いますが、
スポーツでも何でも、1つのきっかけで人は成長することができます。

プログラミングはトライ&エラーで1歩1歩、進んでいくしかない。
逆にいうと、成長するしかないので、
お子さんに何か成長させる機会、自信を与える機会を設けたい
と考えていらっしゃるならば、
是非、プログラミングスクールを検討してください。

通わせてあげた時は、是非、小さなことでも良いので、褒めてあげましょう。

プログラミングスクール「Tech Kids School」は
見学会もあるので、是非、行ってみてください。

クリック!

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

独学向け(勉強方法)
独学向け(プログラミング)
独学向け(Webデザイン)
独学向け(javaScript)
独学向け(PHP/Laravel)
独学向け(Ruby/Rails)