--> 【翻訳機能】DeepLのAPIのための無料ユーザーの作成 - 初心者向けのプログラミング学習・就職・転職情報サイト

学習サポート始めました(有料)

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【翻訳機能】DeepLのAPIのための無料ユーザーの作成

翻訳機能としてのサービスとして、

DeepL(ディープエル)

というサービスがあります。

Googleの翻訳機能についても、

APIがありますが、

関わっている方から、

こちらの方を使いたいという要望があり、

実際にAPIを試しに使うことになりました。

このAPIを試した時のメモ、

そして内容を自分なりに整理するために、

こちらの記事を残しておくので、

誰かの参考になれば幸いです。

DeepLの公式サイト

DeepLについては、

「ディープエル」

と読むことを教えてもらい、

それまでは、

「ディープル」

と読んでましたが、

恥ずかしい限りでしたが、

読み方は大切かと思うので、

その点も把握してもらえると良いかと。

そんな、DeepLというサービスの公式サイトは、

以下のリンク先になっているので、

まずは、公式サイトをチェックしてみましょう。

DeepLのプランに関して

DeepLのプランに関しては、

プランの内容がそれぞれ分かれており、

  • 通常のDeepLを使うためのプラン分類
  • APIを使うためのプラン分類

という形で、

2つのプラン分類に分かれています。

そして、

それぞれの中で、

プランが複数に分かれている点が、

DeepLのプランの分かれ方になっているので、

その点をまずは把握してもらうと良いですね。

通常のプラン分類

一般的なプランについては、

自分が確認した時点では、

4つに分類されており、

内容部分だけみると、

このように、

  • ファイル指定で翻訳できる上限のファイル数
  • 用語集を作れる数や登録できるペア数

という点が、

それぞれのプランで違うようです。

実際の最新のプランの違いは、

公式サイトでチェックしてもらうと良いですが、

ちょっと翻訳を試すくらいであれば、

無料プランのユーザーで良いと思います。

APIのプラン分類

APIのプランについては、

2つのプランに分かれており、

  • 無料版
  • 有料版

という分類で考えると、

わかりやすい分類かなと思います。

それぞれのプランの違いを見ると、

このように、

  • 翻訳できる文字数の制限
  • 処理リクエストの処理の優先度

という点が、

違いとしてありますね。

今回、自分は無料プランで試しましたが、

  • 有料プランは、使った分ごとに「従量課金」される

という点については、

本格的に有料プランでやるときは、

注意しておいた方が良いと思います。

APIのプランのユーザー登録

DeepLのAPIを試すにあたって、

アカウントを作る必要があるので、

まずはメニューの中から、

「API」というメニューがあるので、

こちらのページを表示させます。

表示させると、

APIの内容について、

色々と説明がありますが、

今回、自分が試すときは、

無料プランで十分なので、

こちらの方のプランを使うので、

上記など、

「無料で登録する」

のプランから登録を進めました。

登録自体は、

こちらの設定のページになり、

アカウント情報として、

  • ログインのための「メールアドレス」
  • ログインのための「パスワード」

がまずは登録が必要です。

そして、

この次のページで、詳細画面は省略しますが、

  • クレジット情報(無料プランでも登録がいるようでした)

の登録が必要みたいで、

無料プランを使うために設定して進めました。

この登録まで完了すれば、

APIを使うためのユーザー作成が完了です。

APIの仕様確認と実行確認

DeepLのAPIに関して、

については、

実際に自分が試すにあたって、

  • 仕様として把握したこと
  • 簡易に試したこと

という点について、

その時に見たページや注意点など、

必要そうであれば、

そちらについても、

追って記事にしようかと思います。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事