大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

エンジニア不足と未経験エンジニア余剰という現実

転職状況を見ていく中で、

「エンジニア不足」

という業界の大きな構造があり、

以前は、

未経験であっても、

とりあえず、意欲のある人材を採用して、

育てながら会社で活躍できるようになってもらう。

これを会社側はやっていた。

会社側も頑張って未経験を採用し、

採用した会社の中の現場のエンジニアも、

色々と育成の試行錯誤に取り組んだ。

しかし、

実際の現実は厳しかった。

未経験でとってもうまく育成できない。

その結果、採用担当や現場エンジニアも考える。

「できるエンジニア1人 > 未経験エンジニア複数人」

と考えた方が良いのではないか?

採用自体が困難であることは間違いないが、

マンパワーでシステム開発をできる人材を採用して、

システムを完全に任せるコア人材になってもらう。

これを採用したことで、

未経験からのエンジニアへの就職・転職が厳しくなった。

そのように担当者や現場エンジニアの話を聞いて感じる。

では、

未経験からエンジニアを目指すにはどうしたらよいか。

この点を考えると、

「まずは、IT業界に入り、少しでも早く経験を積む」

これを優先させるべきだ。

そのため、

プログラミングの学習

↓  ↓

就職・転職活動

↓  ↓

現場で経験を積む

という流れを考えたときに、

学習の段階で、

就職・転職活動の成功に向けて、

少しでも確率を上げる方法をとるべき。

そんなときに、

「スクールを活用して、最短で就職・転職を実現する」

ことが大切だ。

この点で考えると、

このようなスクールなど

3ヶ月などの短期間で、

学習して就職・転職までの、

「転職の確率を高めてくれるプログラミングスクール」

を活用することが、

未経験からエンジニアを目指す人には、

一番の早道であると考えられる。

実際にスクールを活用して、

転職に向けて動いていく中では、

https://jimusagyo.work/shushoku-tenshoku-recruit-seityou-sitaikoto/

この記事のように、

自分がどのように成長したいのか、

成長していきたいのかは、

スクールを活用する上でも聞かれるので、

自分なりの考えを持っておくと良いでしょう。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事