大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

就職・転職に関して給与収入に関する所得税の税率構造も知っておこう

就職・転職において、

働いていく中で、対価としての給与は重要

であるということが言えます。

これは、

基本的に働いていくことは、

日々の生活をしていくために、

お金が必要なので、

そのために働く対価として、

給与は高い方が良いと考え求める人が多いから。

また、

この給与収入が増えたときに、

年収が増えたときに、

所得税の税率構造上、

すごく高い年収をもらっている人が、

「40%以上も税金で持っていかれる人がいる」

ということも時折、耳にすると思います。

これは、

財務省の資料がわかりやすい。

所得税率の違い
財務省のサイトより一部引用

このように、

所得税率が上がる給与収入が上がっていくと、

所得税も上がるタイミングがあります。

特に給与収入の多い割合が高いところの部分に関しては、

上記の全体の推移の中でも、

所得税率
財務省の所得税率のページより一部引用

このようになっているので、

今まで、

勝手に計算されて、

自分の所得税率の割合なんて気にしなかった

という人も見かけるので、

この所得税の税率の図で把握しておきましょう。

ちなみに、

この所得税率の資料は、

税率・税負担等に関する資料 : 財務省(クリックでサイトへ)

上記のページにあり、

過去を含めた推移の大枠をイメージできる図も載っているので、

興味がある人は、見てみると面白いのでおすすめです。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事