大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

インターンとして1〜2年生の長期インターンの人材を求める企業が増えている

学生の時から、

将来に向けての活動の1つとして、

「インターンとして、将来に向けた経験を積みたい」

という学生の方も多いです。

この学生インターンに関しては、

大学3年生の春〜夏くらいから、

「そろそろ、インターン探してみようかな」

という形で、

インターンを探し始める人も多いです。

このインターンに関しては、

最近では、海外に目を向けたインターンもあり、

などを用いて、

「海外へ自分の視野を向けることで経験を広げる」

ということを目標に、

インターンに取り組もうという人もいます。

ただ、

最近の企業担当者と関わる中で、

「インターンには業務内の細かな単純業務を任せたい」

ということを考えていることが多く、

さらに、

「できれば、業務の理解なども含めて2年くらいやってほしい」

ということが希望として考える担当者が多いです。

この点で、

大企業で余裕のあるところは、

インターンとして、3年生を対象にしていることがありますが、

「大学1〜2年生をインターンとして迎えて、2年はやってもらう」

という方針にインターンの求める人材を変え、

実際に募集として、

1〜2年生の募集を待っている企業も増えてきています。

ただし、

企業側としては、「1〜2年生のみ」などを、

はっきりと書いてあるところは少なく、

「1〜2年生歓迎」という伝えかたで、

長期インターンとして人材を募集している企業があるので、

大学生のうちにインターンをしたいという人は、

早めに行動していくことがおすすめです。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事