プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

【検証ツールの使い方】javaScriptの値の確認方法

初心者がjavaScriptの学習をしていく中で、

javaScriptで使う値を確認する方法を確認したいことはよくあります。

その値を検証環境で確認する方を、

初心者向けにブラウザChromeを例に説明します。

【検証ツールの使い方】javaScriptの値の確認方法

検証ツールの開き方

まず、検証ツール自体を開いたことがないようでしたら、

こちらの記事を見て、検証ツールの開き方を把握してもらうと良いですね。

検証ツール内のjavaScriptの確認は「Console」

検証ツールを開いたら、

「Console」

という部分をクリックしましょう。

上記の表示では特に設定がないので、

実際にjavaScriptで値を表示してみます。

javaScriptから検証ツールの「Console」に値を表示する方法

検証ツールの「Console」に対して、

javaScriptから値を出力するためには、

console.log('javaScriptからConsoleに出力');

という形で、

「console.log」を使って検証ツールに値を表示する

ということを覚えておきましょう。

初心者の方は実際にシンプルなjavaScriptを動かしてみて、

実際に表示してみると良いですね。

以下のサイトの「JSの基本」も参考にすると良いです。

javaScriptから検証ツールの「Console」に値を表示した例

実際に先程の

console.log('javaScriptからConsoleに出力');

このコードを動かして、

検証ツールの「Console」で値を確認してみると、

このように値が出力されていることがわかります。

まずは、このように値がうまく出力できることを確認してみましょう。

検証ツールの「Console」に表示される内容の種類

検証ツールの「Console」には、

ページを表示する際に様々な内容が表示されます。

具体的には、大きく分けると、

・エラーの内容

・出力したメッセージ

の2つが出力されます。

初心者は、エラーか、それ以外かということで、

Consoleに表示される内容を考えてもらえると良いかと思います。

実際に表示される内容の種類を確認するには、

このように検証ツールの「Console」で、

左上のほうにあるアイコンをクリックすると、

上記の画像のように種類が表示されます。

赤い丸にばつ印のものがエラーで、

上記の画像を例にすると、1つのエラーがある状態です。

一番上の「2 message」をクリックすると、

エラーも含めてすべてのメッセージが表示されます。

初心者の方は、

まずは、ここまでを基本的なjavaScriptの値を

検証ツールの「Console」で確認する方法として、理解できると良いでしょう。

ピックアップ

初心者にオススメ

おすすめ記事