NuxtのuseStateでの値保持で値が初期化されてしまう事象に関するメモ

Vueを活用する中で、

「Nuxt」

のフレームワークを使用して、

既存で作っていたものを、

試しにリプレイスしようとしている。

そんな中で、

  • useState

を使って、

状態管理を実現しようとしているが、

ページ遷移部分で、

1度、設定した値が、

再度、初期化されてしまう事象があり、

うまくいく場合と、

うまくいかない場合を確認したところ、

対応方法によって挙動が違ったのでメモ。

ちなみに、

Nuxtのバージョンについても、

バージョン2系ではなく、

バージョン3系を導入して、

Nuxtを試している。

個人用の備忘録としてメモを残しておく。

Nuxt.jsの公式サイト

Nuxt.jsに関しては、

こちらのサイトを参考にしました。

リンクをメモ。

useStateを試した時のメモ

上記の公式サイトのuseStateのコードを参考に、

useStateを活用するコードを書いていきます。

useStateの設定と取得

<script setup>
const counter = useState('counter', () => 0);
const sameCounter = useState('counter');
</script>

画面への表示

<div>
  <div>Counter: {{ counter }}</div>
  <div>Same Counter: {{ sameCounter }}</div>
  <button class="font-mono" @click="counter++">
    +
  </button>
  <button class="font-mono" @click="counter--">
    -
  </button>
</div>

上記を試すと、

このように、

ボタン押下で、

うまく値が変わっていることがわかります。

うまくいかない事象が発生

上記をベースに、

app.vue

だけではなく、

/pages

などのページや、

/components

などのコンポーネントの中で、

同じことを試していましたが、

基本的には、

問題なく動いていました。

うまくいかない事象が発生したのは、

ページ遷移を行った際に、

値がうまく保持できず、

このように値が初期化されてしまっていました。

ページ遷移の方法をNuxtのLinkにすることで解決

上記で、

ページ遷移時に値が初期化されてしまう事象ですが、

うまく値が保持されている部分と、

値が初期化されてしまう事象が発生している部分を、

それぞれ、

細かく確認していったところ、

  • wondow.locationでは値が初期化される

というところが問題でした。

ページ描画の部分で、

この点を解決するために、

イベント発火を拾って、

window.location = '遷移先画面URL';

としていたところを、

イベント発火させている項目自体を、

<NuxtLink :to="child.page">{{ child.text }}</NuxtLink>

というように、

NuxtLink

を使って、

画面遷移することで、

値の保持がうまく挙動しました。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事