XServer VPSでSSHキーを使って接続する方法

XServer VPSを試しに使い始めて、

SSH Keyでの接続について、

設定方法など、

備忘録としてメモしておきます。

XServer VPSの公式サイト

この記事で紹介するXServer VPSのサイトについては、

こちらのリンクから確認してみてください。

<div class="simple-page-link">
<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3TB7JM+679KMQ+CO4+25EKCY" rel="nofollow">Xserver VPS</a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www18.a8.net/0.gif?a8mat=3TB7JM+679KMQ+CO4+25EKCY" alt="">
</div>

XSever VPSのSSH Keyの作成

XServer VPSの管理画面に入って、

こちらの画面の中で、

「SSH Key」

のタイトルの右の方に、

こちらの

「SSH Keyの登録」

から、

新たなSSH Keyを追加できます。

名前の部分に、

作成するキーファイルの名前を設定。

登録方法は、

自動生成を使うと楽なので、

そちらで進めます。

「確認画面へ進む」

を選択すると、

こちらのように、

確認画面が表示されるので、

「登録する」

をクリックします。

注意点としては、

この画面の後のダウンロードは必ず行って、

ファイルは無くさないようにしましょう。

注意ポイント:登録した後の以下のダウンロードのファイルは無くさないように注意です

上記のポイントの画面として、

先程の

「登録する」

の画面の次に、

こちらの画面が表示されるので、

「ダウンロードする」

からファイルをダウンロードしてください。

SSH Keyを使って接続するコマンド

先程の画面で、

ダウンロードしたファイルを使って、

XServer VPSに対して、

接続してみます。

実際の対応自体は、

自分の環境がMACですので、

その環境での対応方ですが、

Windowsでも行う流れは似たような対応になります。

まず、ファイル自体は、

sample_key.pem

というファイル名でダウンロードしたので、

  • 「.ssh」フォルダにSSH Keyファイルを配置
  • ファイルの権限を「600」に変更
  • sshコマンドでSSH Keyファイル指定で実行

という流れで、

対応を進めていきます。

まず、

  • 「.ssh」フォルダにSSH Keyファイルを配置

こちらに関しては、

ファイルを上記の「.ssh」フォルダに配置して下さい。

そして、

  • ファイルの権限を「600」に変更

を対応するので、

以下のコマンドで変更します。

コマンド

chmod 600 ~/.ssh/sample_key.pem

こちらのコマンドで、

権限を変更が完了です。

最後に、

  • sshコマンドでSSH Keyファイル指定で実行

で実際にXserver VPSへの接続を試します。

sshコマンドにオプション指定で、

実行することで接続できるので、

コマンド

ssh -i ~/.ssh/sample_key.pem root@VPSのIPアドレス

で接続できます。

うまく接続できたら、

SSHで接続できるアカウントの変更や権限など、

セキュリティを調整していきましょう。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事