MySQLのタイムゾーンをUTCからJSTに変更する方法

MySQLのデータベースに対して、

時間設定が、

タイムゾーンで、

日本時間からずれていたので、

この点を調整したときのメモを残します。

参考として、

Ubuntu/Laravelに関しても、

タイムゾーン変更を行ったので、

そのときの内容は、

以下を参考にしてください。

使用したMySQLのバージョン確認

mysqlのコマンドラインで確認

mysql -V

実行結果

$  mysql -V
mysql  Ver 8.0.31-0ubuntu0.20.04.1 for Linux on x86_64 ((Ubuntu))

MySQLのタイムゾーン設定に関する公式情報

まずは、

公式情報もチェックしておくと良いですね。

参考となるページのリンクはこちら。

MySQLの現在のタイムゾーンを確認

MySQLの現在のタイムゾーンを、

コマンドを使って確認していきます。

コマンド

show variables like '%time_zone%';

確認結果

mysql> show variables like '%time_zone%';
+------------------+--------+
| Variable_name    | Value  |
+------------------+--------+
| system_time_zone | UTC    |
| time_zone        | SYSTEM |
+------------------+--------+

上記のように、

タイムゾーンがUTCになっているので、

9時間ほど、日本時間からずれていました。

MySQLのタイムゾーンの変更

タイムゾーンの変更を行っていきます。

自分の環境はUbuntuですが、

設定ファイル自体を変更することは同じなので、

対象ファイルのパスは、

環境に合わせて調整してみてください。

設定ファイル

/etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf

追加コード

default-time-zone="Asia/Tokyo"

上記のコードで、

デフォルトのタイムゾーンを記載します。

設定に追加コードを入れたら、

MySQLの再起動を行います。

自分の環境はUbuntuなので、

以下のコマンドを実施します。

コマンド

sudo service mysql restart

こちらで再起動すると、

変更した設定情報が反映されます。

MySQLの現在のタイムゾーンを再確認

MySQLの現在のタイムゾーンを、

コマンドを使って確認していきます。

コマンド

show variables like '%time_zone%';

確認結果

mysql> show variables like '%time_zone%';
+------------------+--------+
| Variable_name    | Value  |
+------------------+--------+
| system_time_zone | JST    |
| time_zone        | SYSTEM |
+------------------+--------+

上記のように、

タイムゾーンが「UTC」から「JST」に、

うまく変更できていますね。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事