大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

Railsでのwebpackの環境をproductionに変更する方法

Rails+Webpack(React)という環境で作っているが、

その中で、環境の切り分けをするために、

envの情報を取得する時に、

環境で切り分けたいと考えたが、

うまくproductionに切り替わらなかったのでメモ。

前提:Rails

$ rails -v
Rails 5.2.3

前提:webpackで何を使っているか

そもそも、Railsでwebpackの設定をした時に、

何を設定したのかまで細かく把握していなかったので、

思い出すためにも、ちょっと調べた。

すると、

【Rais Root Dir】/config/webpack/environment.js

のファイルで、

const { environment } = require('@rails/webpacker')
module.exports = environment

となっているので、

rails/webpacker

を使用している。

参考:rails/webpackerのサイト

rails/webpackerのGithubのサイト

対応方法

上記の参考ページにも書いてあるが、

参考:rails/webpackerのGithubページの一部引用

これを実行することで変更できる。

Githubページに書いてあるのがstagingなので、

自分は実行するときは、このように書き換えた。

RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

これでコンパイルが走るので、

終わったら、Railsを再起動することをお忘れなく。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事