大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

RailsのmigrateでDateカラムの初期値に当日を設定する方法

Railsのデータベースの初期化を設定するときに、

Railsのmigrateを使用することで、

初期化を行うようにしていた。

そんなときに、

「Date型のカラムに初期値として、当日の日付を設定したい」

ということをやりたいと思い、

その方法を実際に試してみたときのメモ。

前提:Railsのmigrate

Railsのmigrateに関しては、

公式サイトの内容をまずはチェック。

Date型のMigration設定

対象フォルダ

project-folder/db/migrate

対象ファイル

hoge.rb

コード

class Hoge < ActiveRecord::Migration
  def change
    create_table "hoge", id: :integer, options: "ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8", force: :cascade do |t|
      t.date "date_column", default: -> { "(CURRENT_DATE)" }, null: false
    end
  end
end

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

ピックアップ

おすすめ記事