Postした時に「POST Content-Length o xxx bytes exceeds the limit」が発生した件

Laravelを使っていて、

各種データを一括でデータを送りたくなり、

CurlのPOSTメソッドを使うことで、

データの転送処理を行おうとしていました。

この処理自体は、

問題なく実装できて動いていたのですが、

サイズの大きいデータになった際に、

「POST Content-Length o xxx bytes exceeds the limit」

というエラーが発生したので、

その時の対応内容のメモ。

エラー内容

エラーとしては、

ファイルアップロードして、

/var/log/nginx

の対象のエラーログを確認してみたところ、

発生していたエラーログはこれ。

POST Content-Length o xxx bytes exceeds the limit of xxxx bytes ...

対応内容

最終的に調べた結果としては、

自分が動かしている環境では、

php-fpmの設定を調整する必要がありました。

修正対象ファイル

/etc/php/x.x/php.ini

上記で自分が実行しているバージョンの設定情報ファイルを編集。

コードとしては、

今回はPOSTのサイズ指定で、

許容サイズを広げるために、

post_max_size = 指定サイズ

こちらの設定を変更。

アップロードとかのサイズエラーの際は、

上記の設定ではなくて、

upload_max_filesize = 指定サイズ

こちらの設定なので、

必要であれば合わせて調整。

これで実行すると、

問題なく処理が行われた。

php-fpmの再起動も必要なので、

以下の記事の一部コマンドで再起動を実行。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事