大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

プロフィール

学ぶパンダ

初心者向けにプログラミング学習や

就職・転職に向けた情報を発信

Google Workspceで便利に作業

大学生/大学院生向け

在宅ワークのお仕事

プルグラミング学習の無料相談も可能良く

プログラミング学習の定額のサブスク

サイト/ブログ作成をコスパ良く

転職を検討する前に今の組織で給与交渉をすることも考える

転職するかを検討する前に、

今の組織での給与テーブルがどのようになっており、

自分自身の今の給与が、

決まった経緯などを知っておくことは大切です。

そして、

転職を検討する前に、

今の職場での給与交渉を行う

ということも、

そのまま、今の組織に所属しても、

別の組織に移る場合でも、

どちらの場合に関しても、

転職時は現在の給与を基準に考える企業は多い

ので、

できる限り、現在の組織で給与をあげておくことが良いでしょう。

ちなみに、この給与交渉に取り組む際は、

  • 信頼のおける「上司」に相談する
  • できる限り、組織の「決済権を持つ人・またはそれに近い人」に相談する
  • 四半期や半期などに定期的に相談できるようにしておく

ということを意識して、

実際に給与交渉に取り組むようにすると良いでしょう。

信頼のおける「上司」に相談する

という点に関しては、

組織内での自分の同僚ではなく、

自分よりも組織の立ち位置としての上司に対して、

給与交渉の話をすることが大切です。

同僚への相談だけでは、

身内だけの相談話になってしまうので、

給与交渉に繋がっていきません。

そして、

できる限り決済権を持つ人・それに近い人に相談する

ということが、

実際に給与交渉をした結果が、

本当に自分自身の給与変更につながるのかに影響します。

直接、決済権を持つ人へのアプローチが難しければ、

自分の直属の上司に相談して、

話を通してもらうようにすると良いでしょう。

そして、

実際の給与交渉をするにあたり、

1つ、定期的なアクションとして取り組むために、

四半期や半期で相談できる環境を作っておく

ということに取り組んでおきましょう。

給与交渉は、

人同士でのやりとりになるため、

できる限り、多くの回数、

日頃からやり取りをしている人の方が、

物事を決定する立場の人間からしても、

状況や考えが理解できます。

そのため、

半期や四半期などで、

1on 1などのミーティングを開いてもらうか、

軽く、2人だけでご飯に一緒に行かせてもらって、

自分の考えや給与的な不満を相談するなど、

定期的に相談しておくと良いでしょう。

前提としては、

組織内で自分自身の実力を発揮して、

成果を出しておくことが前提ですが、

給与交渉自体は、

実際に行わないと、

給与は据え置きでそのままになることが多いので、

給与に不満があるのであれば、

できる範囲で、行動を起こすことに取り組んでみましょう。

こちらもおすすめ

初心者向けの色々な情報はあるけれど、

  • 無料でお試しができるスクール
  • ホームページなど簡単に作成できる
  • 組織で使いたいサービス

について、

少しでも試して良いものがあると、

それを活用することで学習や業務などが効率化できるので、

おすすめのサイトなどをいくつか紹介しておきます

ピックアップ

おすすめ記事