Dockerのネットワークに特定のコンテナを追加する方法

Dockerの立ち上げに関しては、

  1. Dockerfileというファイルを作成する
  2. ビルドしてDockerイメージを作成する
  3. Dockerイメージからコンテナを作成する
  4. コンテナに接続してログインする

という手順を行って、

上記をやってみたあとに、

  • Dockerのイメージの確認
  • Dockerのコンテナの確認
  • Dockerのコンテナの停止と削除

などを行っていました。

この辺りは、

コマンドで実行したことがあるので、

その辺りは、

こちらを参考にしてください。

今回は、

コンテナを立ち上げており、

最初から同じネットワークに入れておけばよかったけれど、

後からそのことに気づいきました。

その際に、

コマンドで、指定のネットワークに、

特定コンテナを追加する方法を調べて、

試した時の対応を、

自分の備忘録として、

忘れないうちにメモを残しておきます。

関連内容

Dockerコンテナのネットワークについて、

確認するコマンドなどは、

以下の記事にメモしていますので参考にしてください。

対応方法のメモ

今回の対応については、

コマンドで実行できました。

実行前の確認として、

上記の記事を参考に、

  • ネットワーク一覧
  • ネットワークの詳細

の2点を確認します。

確認した結果、

        "Containers": {
            "xxxxxxx": {
                "Name": "xxxxx",
                "EndpointID": "xxxxxxxxx",
                "MacAddress": "xxxxxxxxx",
                "IPv4Address": "172.29.0.3/16",
                "IPv6Address": ""
            },
        },

このように、

調整前は1つのコンテナのみになっています。

その状態で、

以下のコマンドでネットワークに対して、

特定のコンテナを追加します。

ネットワークへの追加コマンド

docker network connect oms_app-network [コンテナ名]

こちらを実行して、

再度、

ネットワークを確認してみると、

        "Containers": {
            "xxxxxxx": {
                "Name": "xxxxx",
                "EndpointID": "xxxxxxxxx",
                "MacAddress": "xxxxxxxxx",
                "IPv4Address": "111.22.0.3/16",
                "IPv6Address": ""
            },
            "xxxxxxx": {
                "Name": "xxxxx",
                "EndpointID": "xxxxxxxxx",
                "MacAddress": "xxxxxxxxx",
                "IPv4Address": "111.22.0.4/16",
                "IPv6Address": ""
            },
        },

このように、

うまく特定のコンテナが、

指定のネットワークに追加されました。

試してみたところ、

コマンド実行に際して、コンテナの停止は不要

ということがわかったので、

誤ってネットワークに入れ忘れた時も、

この対応を行うことで解決できるかと思います。

スキルを使って、就職/転職/副業する時のサイト

プログラミングのスキルなどを、自分なりに高めた上で、

自分のスキルをアピールして就職や転職を行い、年収をあげるか、

副業という形で、年収にプラスアルファの稼ぎを増やすことはできます。

まずはできる範囲で取り組むことで、

少しずつ、経験値も増え、自分のスキルが収入につながるのでおすすめです。

おすすめ書籍

スポンサー

人気記事

おすすめ記事